新書で横浜「ふしぎな国道」―国道133号―

こんにちは。企画制作の新倉です。
「新書で横浜」第8回。
2015年最初の道案内はこの新書です。

ふしぎな国道

佐藤健太郎 著
「ふしぎな国道」
講談社現代新書

 

著者は本文の冒頭で次のように宣言します。
「本書は、日本の道路行政の問題について鋭く分析・検討し、何事かもの申すような本ではない。各地の絶景やグルメを楽しむための、ドライブガイドのような本でもない。本書は、「道路」そのものを楽しむために書かれた、「国道マニア」の入門書だ」。

以下254ページ、「国道」の楽しみ方が、カラー写真も使って、次から次に紹介されます。階段の国道、アーケードを走りぬける国道、車が走れない国道……。

横浜にも、楽しめる「国道」があるのでしょうか。
ページをめくっていくと、95ページ「国道の歴史」のなかに、横浜の「ふしぎな国道」がありました。

国道133号。
これが、横浜の「ふしぎな国道」の名前です。
ためにし、弊社の営業さん5人に聞いてみました。
なんと、5人全員が「知らない」でした。
一日中横浜の道を走り回っていて、「知らない道はない」はずの営業さんが、知らない国道133号。
これはもう、行くしかないですね。

 

日本大通り駅
最寄り駅はみなとみらい線「日本大通り駅」。

 

 

開港広場
目指すは「開港広場」。大桟橋の入口です。
中央の白い建物は横浜海岸教会。
この広場から「国道133号」は始まります。

 

 

国道133号起点
広場に隣接する開港資料館の前が「133号」の起点。

 

 

横浜開港資料館

 

 

横浜開港資料館中庭
開港資料館の中庭。
「近代日本学のパイオニア、チェンバレンとアーネスト・サトウ」の展示が行われていました。

 

 

国道133号
「133号」。進行方向にはランドマーク・タワー。
交通標識に「133」の「おにぎり」(と言うようです)。

 

 

開港資料館前
「開港資料館前」の信号を左折します。

 

 

神奈川県庁
右側に県庁。1928年(昭和3年)完成。歴史的建造物として、登録有形文化財に登録されています。

 

 

日本大通りのイチョウ並木
日本大通りのいちょう並木も冬木立。

 

 

イチョウ並木右折
そして右折。次の目印は開港記念会館です。

 

 

開港記念会館
開港記念会館。完成は1914年(大正3年)。大正期の代表的な公会堂建築です。

 

 

国道133号を直進
開港記念会館を左に見ながら、133号は直進します。

 

 

旧安田銀行横浜支店
交差点を3つ過ぎると、重厚な建物が現れます。
古典主義様式の銀行建築の典型で、横浜市認定歴史的建造物。1929年(昭和4年)、安田銀行横浜支店として建設されました。

 

 

東京芸術大学大学院映像研究科
2005年(平成17年)からは、東京芸術大学大学院映像研究科のキャンパスとして使われています。

 

 

国道133号看板
芸大横浜キャンパスを過ぎると、道は2つに分かれます。133号は左に進みます。

 

 

国道133号を桜木町へ1

 

 

 

国道133号を桜木町へ2
ここを左折です。

 

 

国道133号を桜木町へ3
桜木町への道です。

 

 

国道133号から見たみなとみらい
こんなカメラポイントも。

 

 

弁天橋
弁天橋を渡ります。

 

 

弁天橋から眺めた大岡川
橋の下は大岡川。

 

 

国道133号の終点1
大岡川を超えて、川沿いに進み根岸線のガード下、16号と交差点が国道133号の終点。

 

 

国道133号の終点2
起点からここまで徒歩で約30分。わずか1.4kmの国道です。

重要な港湾や空港と国道をつなぐ道を、独立した「国道」と指定していて、横浜港と国道16号をつないでいる道が「国道133号」です。
マニアの皆さんは、これらを「港国道」と呼ぶそうです。

 

 

国道133号マップ
横浜の港国道、133号。
歩いてみたら、横浜建物巡りの道でもありました。
国道の起点から終点までを訪ねる町歩き。ひとつの国道を歩き通すのですから、「達成感」はなかなかのものです(笑)。

 

 

桜木町地下道
帰路は、一度地下に潜って。

 

 

野毛山公園方面出口
目指すは野毛方面。

 

 

動物園通り1
ここは「動物園通り」。
あっという間のタイムスリップ。

 

 

動物園通り2
皆さん、あたりまえのように車道を歩きます。

 

 

日ノ出町駅
途中省略して、日ノ出町駅。
本日はここまでです。
(取材日:2015.1.10)

■「新書で横浜」第7回「愛と暴力の戦後とその後」―ホテルニューグランド―はこちら