旧横濱鉄道歴史展示(旧横ギャラリー)

2020年6月27日にオープンしたシァル桜木町アネックス1階の「旧横濱鉄道歴史展示(旧横ギャラリー)」を見に行きました。当ブログ「横浜探訪」の「ヨコハマさんぽみち 史跡のある学校2 日本ガス事業発祥の地」で、まだオープン前の「旧横ギャラリー」を窓の外から覗いた写真を掲載しましたが、とにかく建物の中にレールが敷かれ、本物の機関車があるので、迫力満点!

鉄道の父 エドモンド・モレル像
鉄道の父 エドモンド・モレル像


鉄道創業期に使われていた110形蒸気機関車。「鉄道記念物」だそうです。

 

「旧横ギャラリー」は鉄道の歴史を物語る様々な展示がされています。

桜木町駅は日本で最初の鉄道駅である「旧横濱駅」であることにちなんで、鉄道創業当時、実際に走行していた110形蒸気機関車をはじめ、中等客車の再現、パネル展示やジオラマなどがあり、鉄道の歴史を感じられる展示をしています。

公式ホームページより

 

タイムスリップしたような機関車や木製の内装の客車をながめてロマンチックな気分になったり、 当時の横浜駅(現・桜木町駅付近)のジオラマと未来都市となった現在の姿を思ってみたり、 気分転換にちょっと寄れるという感じのミニ博物館です。


鉄道創業期の遠方信号(復元)


明治初期の横濱停車場と街の風景のジオラマ


機関車に連結されている客車は、イギリスから輸入した当時の客車を再現しているそうです。


8~21時の毎時ちょうどには、汽車の発車情景をイメージした音と光の演出を行っています。


吹き抜けの2階から見下ろすと、音の光の演出もゆったりと味わえます。この日はよく晴れた午前中で光の演出が見えにくいですが夜はまた違った雰囲気があります。

 

すっかり懐古趣味にひたったところで、桜木町駅から、レトロな「あかいくつバス」に乗り横浜赤レンガ倉庫へ。


案内板がありました。赤レンガ倉庫にはよく行きますが、いままで気づきませんでした。


秋晴れのいい陽気。汽車道に遺されている「新港橋梁」を渡って「象の鼻パーク」へ向かいます。


横浜市認定歴史的建造物の「新港橋梁」は、大正元年(1912)に建造された国産のトラス橋。見事なトラス構造の鉄道橋です。橋の側面や橋桁などものぞき込んで見てしまいます。


「象の鼻パーク」は、横浜港発祥の地である象の鼻地区を横浜港開港150周年(2009年)記念事業として整備した公園です。

みなとみらいから大桟橋、ベイブリッジまで見渡せ、振り返ると「山下臨港線プロムナード」(赤レンガから山下公園を結ぶ遊歩道)。

また、公園整備の工事のときに発見された鉄道の遺構、横浜市認定歴史的建造物の「鉄軌道(線路)と転車台(ターンテーブル)」が復元保存されています。

芝生の広場やカフェコーナーもありますので、大桟橋に停泊する船などを眺めてのんびり憩うのもいいかもしれません。


大桟橋と象の鼻桟橋

 

(橋本)