ヨコハマさんぽみち

「史跡のある学校4 三ツ沢貝塚 その2」

横浜駅西口からスタートして約25分、東横線反町駅から市営地下鉄三ツ沢下町方面に向かって「松本コミュニティ道路」を歩いてきました。

延命地蔵尊は、飢饉や疫病といった災厄をはらうとされています。昔は川に沿い地区の境目があったため、地区の人々を守るためにこの場所に建立されたといわれています。

左へ進んで国道1号線に出ると横浜市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町駅が近くに見えます。

いまは暗渠となっている反町川はかつて島田橋交差点を横切って続いていました。

こちらも川をさかのぼるように島田橋の交差点を渡り花壇のある歩道を進んでいくと、暗渠の上が「三ツ沢せせらぎ緑道」として散歩道になっています。

住宅と住宅の間の細い道から三叉路の開けたところへ出ると、三ツ沢せせらぎ緑道の道標と案内板があります。

案内板には、三ツ沢の地層、三ツ沢貝塚、緑道の新植樹の紹介などが書かれています。

新植樹の解説には「三ツ沢せせらぎ緑道では、市街地区域で少なくなりつつある斜面緑地を保存するとともに、さらにみどりを豊かにし、季節を様々に彩る木々や草花を植樹しました。」とあります。

豊かな緑と小さな水辺がとても気持ちのいい散歩道です。

このせせらぎの水は、国道1号線に沿って通っている地下鉄から湧き出る地下水を使っているとのことです。

突然、背中に何かがトンっと当たりました。振り向くと1匹のシオカラトンボ! 気のせいか前になり、後ろになり付いてきています。

あじさいも咲きそろっています

右方向にお豆腐店さん、目の前に「三ツ沢公園まで12km」の道標が見えたら、左折して坂道をまっすぐ上っていきます。細い坂道から丘の上へ出ると神奈川県立横浜翠嵐高校横に出ます。

こちらが今日の目的地「三ツ沢貝塚」の史跡です。

三ツ沢貝塚は縄文時代後期の集落跡で、東西200m南北100mと市内の貝塚としては、屈指の規模です。

土器・土偶・石斧のほか、動物の骨や竪穴住居跡などが発見されました。三ツ沢周辺は当時、現在の低地部まで海が入り込んでいて、丘の上には約4000年前から人が住んでいたことがわかります。(説明板より一部抜粋)

しばし太古に思いをはせて汗をぬぐったら、急な坂道を下ってせせらぎ緑道へ戻ります。

せせらぎのある緑道に戻ると、まるで待っていたかのようにシオカラトンボがそばに寄ってきました。

三ツ沢小学校の裏手に当たる緑道にはあじさいがたくさん
さっきの案内板に「わくわく学習広場」とあったのはこの向かい側の斜面。

せせらぎ緑道ふれあい広場
あずまやがあり、ネコがいました

門前橋のアーチが見えます

橋の近くに道標がありました。

門前橋を渡ると豊顕寺市民の森方面へとつながっていくようですが、橋に回れ右して、緑いっぱいの道から国道1号線へ出て、市営地下鉄三ツ沢上町駅に向かいました。

島田橋から約25分、出発地点からは約50分のウォーキングとなりました。

横浜駅から近いところ、住宅街と思っていた町、しかも国道からわずかに入っただけで、こんな緑道があったとは! こんどは紅葉シーズン、また桜の花の季節ものんびりと歩いてみたいと思いました。

(橋本)