早朝散歩~舞岡公園~

おはようございます、松井です。夏至の今日は都心部の横浜公園から一変、手付かずの自然の残る舞岡公園を散歩しました。

昔からの山深い人里をそのまま残し、歩道や広場を最小限整備した自然に満ちた公園です。たっぷり森林浴を楽しめます。初めて奥深く踏み入ったのですが何処を歩いているかよく解らず、解説も間違っているかもで、雰囲気を感じていただくだけでご容赦ください。

 

舞岡公園入口
木製の表示柱に江戸時代のような趣が感じられます。ちょっとわくわく!

 

舞岡公園周辺案内図
とにかく広いようです。探検開始、楽しそう。

 

舞岡公園管理詰所付近
しっかり整備されている管理詰所付近。舞岡公園の魅力は此処じゃありませんでした。

 

舞岡公園憲章
舞岡公園憲章が彼方此方に掲げられています。この精神でしっかり自然と原風景が守られているのですね。

 

舞岡公園立て看板
はーい。守ります。

 

ばらの丸の丘
ばらの丸の丘・・・バラは咲いてないけど。

 

舞岡公園の樹木
かっこいい木なので、ついパチリ。

 

舞岡公園の樹木(アップ)
枝葉のアップ。木の名前分らずすみません。舞岡公園は全てを忘れ原風景と森林浴をたっぷり楽しむのがお薦め!・・・開き直りコメント。

 

宮田池(舞岡公園)
宮田池、道を挟んでさくらなみ池があります。牛の鳴き声のようなカエルの声がアチコチで聞こえます。声からしてウシガエルか。

 

さくらなみ池(舞岡公園)
さくらなみ池、いろんな生物の宝庫。癒される空間ですね。

 

舞岡公園のカモ
池の近くの公園内の水田でカモが何か漁っています。ドジョウとかいるのかな?

 

田植え機(舞岡公園)
原風景には不釣り合いな乗用4条田植え機。

 

畑(舞岡公園)
里の畑が広がってます。雑草に埋もれたサツマイモ、ジャガイモ、トウモロコシ・・・。
手前にはコスモスが育っています。

 

舞岡公園の小道
気分爽快楽しい小道。

 

カッパ池
カッパ池、辺りは人気が全くない、カッパも安心して過ごせそうな池です。

 

カッパ池の睡蓮
カッパが隠れるのに都合のいいスイレンか?ヨシ(芦)と主導権争い中。

 

カッパの銅像
環境がいいのでカッパも元気、近くで相撲を取っています。

 

野鳥愛好家
何を狙っているのかな?そっと近づくとアオゲラというキツツキの巣立ちを撮っているとのこと。早朝から見守り3羽の内2羽は先程飛び立った、あと1羽の巣立ちのシャッターチャンスを狙っていると話してくださいました。ファインダーのモニターを覗かせてもらうと頭の赤い子供アオゲラが顔を巣穴から出したりして飛び出しを躊躇している感じが見えました。望遠レンズとか装備も本格的な野鳥愛好家の方々でした。

 

アオゲラの案内板
アオゲラの巣が外来生物のタイワンリスに荒らされているという案内看板も発見。頑張れアオゲラのお母さん&お父さん。

 

自然が残る舞岡公園
舞岡公園にはこんな自然がいっぱい!

 

舞岡公園に隣接する明治学院大学横浜キャンパス
明治学院大学横浜キャンパスにも接しています。

 

舞岡公園の水田
昔懐かしい山間の田園風景。ここも公園内の耕作体験水田です。

 

柏尾川の源流発見?
柏尾川の源流発見?

 

舞岡公園の農道
赤土の農道を歩くのもいい気分。少し弾力があって足にも優しい感じ。

 

舞岡公園の池
藻が繁殖する神秘的な池。金の斧出てこないかな?欲張り爺さんのつぶやき。

 

舞岡公園の樹木
自然のままで鮮やかな彩のバラや草花が植えられていない舞岡公園なので、見過ごされそうな自然の小さな木の花にも目が留まります。

 

舞岡公園遊歩道
1時間半位歩いて入口が近くになって来ました。何処を撮っても絵になります。

 

おおなばの丘
やっと戻ってきた入口近くの「おおなばの丘」、ところで「おおなば」って何かな?

 

大都会横浜にも自然たっぷりの公園がありました。これからも色々な公園を散策してみようかな。よろしければご一緒ください。

 

舞岡公園
市営地下鉄舞岡駅から徒歩25分
市営地下鉄ブルーライン・JR戸塚駅から江ノ電バス/JR東戸塚駅から神奈中バス/市営地下鉄ブルーライン上永谷駅から市営バス いずれも「京急ニュータウン」下車徒歩1分
有料駐車場
■営業時間 6:00~21:00
■駐車料金 2時間300円 以降20分 50円