新書で横浜「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」-横浜中華街-

こんにちは。企画制作の新倉です。
「新書で横浜」第5回。
今回の道案内はこの新書です。

「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」林 兼正
林 兼正 著
「なぜ、横浜中華街に人が集まるのか」
祥伝社新書

 

横浜中華街の老舗店の社長であり、中華街の「町づくり」に永年関わってきた横浜中華街発展会協同組合の理事長である著者は、こう書いています。
横浜中華街は中華料理を食べるためだけの町ではない。香港や上海に行かなくても、ここで中国という異国情緒を満喫できる。しかし、それだけではない。この町に住んでいる私たちが、学び、楽しむ町でもある。

年間2,300万人が集まる中華街を、「町おこし」の視点から検証した実践報告。その中から、横浜中華街の人々が町作りのために作った、ふたつの建物を訪ねます。

 

10月のある日、勤務を終えて中華街へ。
京急で横浜へ出て、みなとみらい線に乗り換え、終点の元町・中華街駅。

元町・中華街駅のエスカレーター
大きなエスカレーターに乗って、「出口1」に向かいます。

 

 

 

元町・中華街駅改札から出口1へ
「出口1」は随分遠い。

 

 

 

朝陽門
「出口1」から地上に出ると、いきなり中華街の東の入口、「朝陽門」が出迎えてくれます。
目指す建物は門をくぐり、右方向です。

 

 

 

中華街パーキング
24時間営業の「中華街パーキング」。
これがひとつめのお目当ての建物。

 

 

 

中華街パーキング2
著者が30才の頃、これからの車社会を考えて、立体駐車のパーキングを提案。ところが「金はどうするんだ」と大きな抵抗があって、有志だけでパーキング協同組合を結成します。140台規模という県の「指導」も蹴飛ばして、現在の規模が実現しました。

 

 

 

中華街パーキング3
町の本当の発展を目指すなら、無責任な有識者やコンサルタントの意見に左右されないように、と著者は書きます。
そこに暮らす住人こそが、町つくりのプランナーであるべきという「哲学」を、24時間パーキングは語っているようでした。

 

 

 

世界一の肉まんの看板
次の建物を目指す前に、せっかく中華街に来たのだからと、あたりを見回すと「世界一の肉まん」の看板が目に飛び込んできました。しかも1個90円。

 

 

 

世界一の肉まん
奮発して2個買いました(笑)。
1個目は「?」でしたが、2個目は「なるほど」。
「世界一」の期待を背負って食した1個目は、過分な期待感がまっとうな評価を妨げた。その期待感を解除して食した2個目は、「90円の肉まん」がもつ、それなりの実力を関知できた、ということでしょうか。
180円でこれだけの学習ができるのも、横浜中華街ならではです。

 

 

 

中華街南門シルクロードの街灯
ふたつめの建物は南門シルクロードにあります。

 

 

 

中華街南門シルクロード
民芸品やおみやげを扱うお店が多い通りです。

 

 

 

横濱媽祖廟1
いきなり大迫力の門。ここがふたつめの建物です。

 

 

 

横濱媽祖廟2
横浜媽祖廟。2006年に横浜の新名所として横浜中華街に建立された、海の神様を祀った道教寺院です。

 

 

 

横濱媽祖廟3
かつてこの土地はマンション建設用に業者に取得されましたが、交渉の末横浜中華街が10億円で買い取りました。媽祖廟の建設費が8億円。計18億円を400件のお店が毎月1万円強、30年間、今も支払を続けています。
「そうまでしても、自分の町を守ろうとする人がいるのが、横浜中華街なのだ」(同書)

 

 

 

横濱媽祖廟4
そんな決意があふれる力強さです。
「中国本土にもこんな立派な廟はない」と言われる媽祖廟。今も多くの人が参拝しています。

 

 

 

横浜中華街朱雀門
南門シルクロードの出口(あるいは入口)には朱雀門があります。ここが横浜中華街の南端。その先は元町。帰路は右折してJR石川町駅に向かいます。

 

 

 

交差点
ちょっと寂しい道です。

 

 

 

標識
交差点を渡りきったところに、関内駅まで850mの案内表示。でも、知りたいのは手前にある石川町までの道順。

 

 

 

標識2
記憶をたよりに歩くと、しばらくして石川町駅まで220mの表示。

 

 

 

石川町駅街灯
駅が見えてきました。

 

 

 

横浜中華街西陽門
石川町駅のすぐ近くに、中華街の一番西の門がありました。2013年に建てられた西陽門です。
関内駅の表示が優先的にあることを不思議に思っていましたが、新たに建てられた門を見て、ちょっと安心。
がんばれ石川町駅!
そんな思いを抱きながら、横浜中華街探訪を終えました。

 

横浜中華街 (Yokohama China Town) http://www.chinatown.or.jp/

■「新書で横浜」第4回新書で横浜「『富士見』の謎」-川和富士-はこちら