新書で横浜「地域の力―食・農・まちづくり」―菅田羽沢の農業地域―

こんにちは。企画制作の新倉です。
「新書で横浜」第10回。
今回の道案内はこの新書です。

地域の力―食・農・まちづくり―

大江正章 著
「地域の力—食・農・まちづくり」
岩波新書
2008年

 

筆者によれば、本書は、
柔軟な感覚で魅力を発信している地域に学ぶ、
農山村を中心とした各地のルポルタージュです。

農山村の実践報告が中心ではありますが、
ユニークな商店街、復活した路面電車など、
都市の事例もいくつかあって、
最終章に横浜が登場します。

「日本第2の大都市・横浜市は、一般にはあまり知られていないが農業が盛んな都市だ。農地面積の割合は7.6%と練馬区とあまり変わらないが、農業総生産額は約99億円で神奈川県内トップクラス」(186ページ)

知りませんでした。
さらに、こんな記述も。

「農業専用区域は市内27地区、1,033ヘクタールが指定されており、横浜駅から直線距離でわずか4キロのところにもある」

 

3月のある日、
「わずか4キロのところにある」農業専用地域を訪ねてみました。
横浜駅から歩こうかとも思いましたが、
途中迷子になってもいけないので、相鉄に乗ります。

相鉄車内
目指すは横浜から7つめの駅。

 

 

 

西谷駅
最寄り駅、相鉄・西谷駅。初めて降りる駅です。

 

 

 

出発地
西谷駅の北側には国道16号。左側の高架は新幹線。

 

 

 

途中1
16号をしばらく歩くと、県道109号の起点「梅の木交差点」。左折します。

 

 

 

農夫?
お、早くもファーマー登場。

 

 

 

途中2
県道109号とお別れ。直進します。

 

 

 

途中3
太陽マークの看板が見えたら、左の枝道に入ります。

 

 

 

水道用地の案内
「水道用地」がもうひとつの目印。

 

 

 

農業専用地域入口
坂を登り切ると、いよいよ「農業専用地域」です。ここまで、西谷駅から35分。随分歩きました。

 

 

 

菅田羽沢の農業地域1

菅田羽沢の農業地域2
ここが、横浜駅から4キロの農業専用地域。見渡す限りのキャベツ畑。広い!

 

 

 

菅田羽沢の農業地域案内板
場所は神奈川区の菅田・羽沢。

 

 

 

わが町 かながわ 50選
神奈川区の「わが町50選」のひとつです。

 

 

 

菅田羽沢の農業地域3
農作業の方に聞きました。
「春キャベツの収穫は終わったんですか」
「いや、これから。今植えているのが春キャベツ。収穫は5月だな」

 

 

 

菅田羽沢の農業地域4

菅田羽沢の農業地域5
収穫の頃は、緑一色の台地になるんでしょうね。

 

 

 

菅田羽沢の農業地域6
こちらはブロッコリー。

 

 

 

菅田羽沢の農業地域7
長ネギも美味しそう。

 

 

 

菅田羽沢の農業地域に咲く梅
梅も満開。

 

 

 

おおいぬのふぐり
おおいぬのふぐり、ほとけのざ、たねつけばな…。春の野の花も満開でした。

 

 

 

Googleマップで見る菅田羽沢の農業地域
グーグルの空撮で見た「菅田・羽沢農業専用地域」。碁盤に目のように道路が走る、整備された農地です。

昭和40年代、東海道貨物線・羽沢(はざわ)操車場建設の際に出た大量の土砂がここに埋められました。土地改良区として整備され、「菅田・羽沢農業専用地域」は生まれたようです。

第一次産業を大切にした「地域の力」というと、いきおい農山村での実践紹介となるのが定番ですが、本書は環境保全や教育・福祉の面からも、都市農業にも注目します。
横浜市には農業職という専門職(約70人!)があって、様々な農業政策が行われていることも、本書で知りました。

体験農園もそのひとつ。
横浜駅から一番近い田んぼが「な〜に谷っ戸ん田」。
田植えの頃、今度は横浜駅から歩いてみましょうか。

 

■「新書で横浜」第9回「ガード下」の誕生―JR鶴見線国道駅ガード下― はこちら