第47回地図展―横浜のまち|みち|みなと

横浜港大さん橋国際客船ターミナルで開催中の「第47回地図展―横浜のまち|みち|みなと」を見てきました。開港前から現在までの横浜の移り変わりを地図や空中写真で見ることができます。

地図展会場のようす

 

 

 

地図展2014年最新の地形図
入口に一番近いところに2014年(最新)の地形図が展示してあります。

 

 

 

地図展1947年の横浜の空中写真
1947~48年(昭和22年~23年)米軍によって撮影された空中写真。

 

 

 

地図展1945年に作られた都市図
1945年(昭和20年)米軍により軍事目的で作られた都市図。横浜を中心として川崎、鶴見、横浜、根岸、の4枚を1/5000の縮尺で展示しています。

この地図は爆撃の作戦や効果を評価するために作成されたそうで、このために米軍は戦前から日本で市販されている地形図を入手していたそうです。

 

 

 

神奈川県観光鳥瞰図
「神奈川県観光鳥瞰図」
房総半島の上空から見た神奈川県の観光用のパノラマ地図です。旧国鉄や私鉄も描かれています。

 

 

 

地図展セミナー日程
会期が残り僅かになってしまいましたが、セミナーもあります。
各セミナー参加費無料、定員100名、直接会場内の「セミナー・講演エリア」におでかけください。

 

 

 

積み木でつくった横浜港

地図展物販コーナー
地図の他にも積み木で作った横浜港や、地図や横浜に関連する書籍を販売する物販コーナーもありました。

「第47回地図展 横浜のまち|みち|みなと」は横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階CIQプラザで22日まで開催されています。セミナーも聞いてみましたが普段なかなか聞けない話が聞けてとてもおもしろかったです。横浜の移り変わっていく姿を地図や空中写真でご覧になってみたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(小笠原)

 

第47回地図展 横浜のまち|みち|みなと
会期:2015年1月15日(木)~22日(木)
時間:10時~18時 入場無料
場所:横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階CIQプラザ(くじらのおなか)
アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口)
横浜観光スポット周遊バスあかいくつ「大さん橋国際客船ターミナル」下車徒歩0分
有料駐車場有